モイストリフトプリュスセラムの成分

 

モイストリフトプリュスセラムの美容成分は様々なものが配合されています。
その中のでも有効成分としてとピックアップすると以下になります

  • DMAE(酒石酸ジメチルエタノールアミン)
  • カルノシン
  • チオクト酸(αリポ酸)
  • サクシノイルアテロコラーゲン
  • トコフェロール
  • パルミチン酸レチノール
  • ナイアシンアミド

 

DMAEについて解説

モイストリフトプリュスセラムの成分において注目成分はDMAE。以下よりDMAEについて少し詳しく見て行きましょう。

 

DMAEとは?

DMAEとは

 

DMAEはジメチルエタノールアミンと呼ばれ、DHAやEPAと同じく魚に含まれる安心できる成分です。
アセチルコリンと似た働きをして筋肉の収縮を助け、肌をひきしめる効果があります。

 

DMAEの肌への効果は顔のたるみでも得られる?

 

DMAE配合のローションを半顔に塗ったところ、30分後に肌色が明るくなり、肌のたるみが改善、塗るだけで引き締め効果が得られ、効果の素早い効き目、24時間の持続性が認められています。

 

後日、2~3週間の使用により、以下の効果が確認されています。

  • 顔は明らかに締まりフェイスラインがシャープになった
  • しわが薄くなった
  • 顔全体や目の周りにハリが出た

 

DMAEの効果については、臨床副教授のニコラス・ペリコーン博士の実験によって立証。
2001年にヴォーグ誌で全米ナンバーワンの皮膚科医と称された元イエール大学の臨床副教授として有名です。

 

DMAEの主な効能とは?

 

DMAEの効能

 

DMAEには、細胞膜の劣化を阻害し、ストレスに負けない肌を作って、肌の抵抗力を上昇させます。
細胞膜が安定すると、紫外線やストレス等のダメージから肌を保護し、栄養分を内側に保つ事ができるのです。

 

肌に塗ると低分子のDMAEは肌の奥で筋肉の収縮を増強し、弾力性のある状態へと導くのもポイント。
血行を促進させることでくすみやむくみのない肌年齢に働きかけ、肌の老廃物排出もスムーズに行われることで肌の生まれ変わりを実感出来るでしょう。

 

モイストリフトプリュスセラム